小学生の息子が3人いる我が家では、毎朝、ある種のサウンドトラックが流れていた。「みんな、靴を履いてね。出発の時間だよ" 静寂。そして、少し大きな声で「みんな、靴を履いて!」。これを何度か繰り返すと、近所の人に私の唸り声が聞こえてくるかもしれない。「みんな!もう行く時間よ!"

これが何ヶ月も続きました。私は我慢強い子育てを真剣に試した。いずれ子どもたちは一直線になると思っていた。ある朝、悔し紛れに「It's a Beautiful Morning」を口ずさんだところ、子どもたちは元気になった。メロディーの力を思い知ったのです。

朝、子どもたちを起こすときも、診察の前に落ち着かせるときも、「ハクナ・マタタ」と歌います。異例なことかもしれません。しかし、10歳の双子ともうすぐ8歳になる私の子どもたちを立ち直らせるためのこの方法は、根拠のないものではないことがわかった。2020年の研究では、音楽はあらゆる年齢層の人々の傾聴、協力、信頼を高めることが明らかにされています。

 

私の歌を聴くたびに、子どもたちが行進して注目すると言ったら嘘になりますが、音楽は私の子育ての強力な武器になっています。慶応義塾大学コンプ・ミュージック・ラボのパトリック・サヴェージ所長によると、子どもは特に、歌によってつながりを築くようにできているのだそうです。2、3歳になると、子どもは親が歌う歌を再現できるようになり、言葉よりも歌のほうが流暢に話せるようになるのだそうです。

多くの子どもたちがそうであるように、私の息子たちも乱暴でうるさく、すぐに気が散ってしまいます。しかし、子育てに追われる中で、音楽は単に子供の注意を引いたり、指示に従わせたりするだけのものではないことに気づきました。音楽は、子供たちの心の発達に合わせたレベルで、子供たちとつながる方法なのです。

音楽が好きでなくても大丈夫


人は本来、リズミカルな存在です。私たちの心臓はリズムを刻み、一定のペースで歩き、多くの場合、簡単な拍子と優雅さを備えています。ですから、私たちの多くが本能的に赤ちゃんに歌のような声で話しかけたり、子どもが騒ぐと揺さぶったり、歌ったりするのも理にかなっています。私の子供たちが乳児だった頃、私は母が歌ってくれたのと同じ意味不明の歌を口ずさみ、子供たちが幼児になる頃には、一緒に手拍子できるようになりました。

 

「パリにあるレコール・ケーニッヒ幼児音楽教室の創設者兼ディレクターで、『The Musical Child』の著者であるジョアン・ケーニッヒは、「音楽は、音と感情を処理する脳の領域で子どもたちに語りかけるものです。「脳の思考センターは、20代半ばから後半までボード上に来ることはありません。でも、音楽なら、子どもたちが理解できる言葉で、振動で感じられるこのツールがあるのです。"

私の子供が話すようになる前、私たちが共有する「言葉」は音楽的なおしゃべりに発展していきました。私は子どもたちのおしゃべりに耳を傾け、自分が聞いた音に反響させようとしました。このようなミュージカル・ミラーリングは、かわいい動画として話題になるだけでなく、子どもたちに「ちゃんと聞いているよ」「ちゃんとついてきているよ」ということを伝えることができます。


乳児と一緒に踊ったり、子どもをブランコで押したり、ティーンエイジャーと一緒にボート漕ぎをしたりと、動きを加えることで対人的な同期が生まれ、感覚や動きが重なることで絆が深まると、イスラエルのハイファ大学創造芸術療法学部のタルチェン・ラビノウィッチ助教授は述べています。ですから、私たちが双子が幼児になったときに始めた毎晩のダンスパーティーには、人間関係の利点があるように思えます。

意図的であること
サベージの研究によると、子育てに音楽を取り入れることのメリットは、絆だけではないことが示唆されています。「音楽は脳の感情中枢と記憶中枢を刺激するので、歌で伝えた情報や指示は定着しやすいのです」と彼は言います。その仕組みは、イワン・パブロフの犬を彷彿とさせる。子どもたちは特定の曲を聴くと、何をすべきかがわかる。

 

長年、教育関係者は、子供たちに新しい言語を教えるにせよ、列に並ぶことを教えるにせよ、情報はメロディーによってよりよく学び、保持されることを認識してきました。ケーニッヒの学校では、座るとき、立ち上がるとき、公園に行くときの歌を教師が用意しています。さらに、子どもたちが掛け算の表を覚えるために、振り付け付きのラップを使うこともあるそうです。ケーニッヒは言う。「効果があることの証明は、あなた自身の記憶の中にあるのです」。考えてみてください。ABCをどうやって覚えたか、そして今でも覚えているか?

1993年、『ネイチャー』誌に掲載された研究では、モーツァルトを演奏すると子供の頭が良くなるとさえ言われている。この動きは非常に強力で、科学者たちはこれを「モーツァルト効果」と呼びました。しかし、ノースイースタン大学音楽・画像・神経ダイナミクス研究所のサイケ・ルイ所長によると、モーツァルトに特別な意味はないそうです。むしろ、早い時期から音楽に触れること、特に音楽活動やトレーニングを行うことで、子どもの知能を超えた効果が得られる可能性があるようです。

音楽がIQを向上させるかどうかについては、研究者の間で論争が続いているが、発達中の脳がリズムの相互作用に基づいて進化している部分があることは間違いない。「多くの研究が、正式な音楽トレーニングが認知能力を高めることを示しています」とラビノウィッチ氏は言います。「しかし、私たちの研究は、それが感情的な共感のために子供の能力を高めることも示しています。そして、私たちは他の研究から、共同で音楽を作ること、特に対人関係の同期が、子供たちの協力や助け合う行動を増やすことを知っています"。

幼児期を越えて考える
合唱団で歌ったことがある人、バンドで演奏したことがある人、ピアノのあるバーで大声で歌ったことがある人なら、音楽の一部になることで得られる高揚感を経験したことがあるかもしれませんね。ケーニッヒが「ミュジッキング」と呼ぶ、他者と不完全な音楽を奏でる芸術は、人と人を結びつける快感ホルモンを分泌することが判明したのです。


 

また、意外にマインドフルな作業でもある。「他の人と一緒に音楽を作っているときは、考えがまとまらないんです。

ポップカルチャーのヒット曲を歌うにせよ、鍋やフライパンを叩くにせよ、音楽を通じて子供たちとシンクロすることは、脳の報酬系を誘発します。その結果 その結果、子どもたちはより仲良くなり、あなたもキレにくくなるのです(少なくとも理論上は)。

「重要なのは、演奏ではなく、遊びを目指すことです」とラビノウィッチは言います。「音楽を作ることが、音楽を作るためではなく、相互作用のために設計されている場合、それは社会的感情の言語になります"。実際、乳幼児にとって音楽はコミュニケーションを促進することが研究で明らかになっています。だから、思春期を迎えるティーンエイジャーにも、あるいは本格的なティーンエイジャーにも、同じような効果があるのかもしれない。